外壁塗装の施工方法にはどんなものがある?

外壁塗装の施工方法は、刷毛塗り・ローラー塗り・吹き付け工法の3種類があります。それぞれを紹介していきます。

外壁塗装にはどんな施工方法がある?

刷毛を使った工法

刷毛を使用した工法は、「刷毛塗り」と呼ばれており、ローラー塗りと一緒に分類されることもあります。
使う刷毛には広範囲の塗装向けの「平刷毛」や細かな部分への塗装に適した「筋交い刷毛」・掃除に使われる「ラスター(ダスター)」などがあり、用途ごとに使い分けができます。
経験豊富な職人でないと色むらができるといったリスクや時間もかかってしまうことがある工法です。

刷毛塗りのメリット

ローラーでの塗装や吹付けでの塗装では難しい細かな部分や複雑な形の部分であっても刷毛塗りであれば小回りが利くので綺麗に仕上げることができます。
また、塗料を塗っていくときに刷毛塗りであれば塗料が飛び散ることが少なく、様々な個所へ塗ることができることもメリットといえるでしょう。
刷毛塗りはローラー塗りと組み合わせて使われることも多い方法です。

刷毛塗りのデメリット

刷毛塗りの大きなデメリットは、やはり時間が掛かるという点です。ローラーの手塗り工法と比べると、刷毛による手塗りはその倍近くかかる場合もあります。また、広い面積の部分には刷毛だけだと効率が悪く、ただでさえ長い工期が長引いてしまうこともあります。

また、ローラーに比べると塗りムラが出やすく、綺麗な仕上がりにするには熟練した技術が必要になります。職人の技量が悪いと、仕上がり時の塗りムラが目立ったり、塗装の中に毛が入ったまま乾燥したりなど、見栄えの悪さが際立ってしまいます。刷毛塗りの場合、業者の設定はしっかり行うべきでしょう。

工期が長引けば長引くほど費用がかさむので、ローラーと併用するのが一般的です。なお、刷毛塗りの仕上がりは職人の技量だけでなく、使用している道具の優劣も現れます。質の良い道具を使用しており、且つ丁寧な塗装ができる職人でなければ、綺麗な仕上がりにはなりません。

技術・実績などの信頼がある業者でない限りは、ローラー塗りを選んだ方が良いでしょう。

ローラーを使った工法

ローラー塗りは、ローラーを使って行う塗装のことを指します。刷毛塗りもローラー塗りと一緒に分類されることがあります。
広範囲に塗れる「長毛」、長毛・短毛それぞれの特色を取り入れた「中毛」、細やかな部分まで丁寧に仕上げられる「短毛」といった3種類のローラーを使って仕上げていきます。
仕上がりにばらつきが出にくく、でこぼこした部分でも綺麗に塗装を仕上げることができます。
また、個性的なデザインは難しく、吹き付け工法に比べると時間はかかってしまいがちなので注意が必要な工法です。

ローラー塗りのメリット

塗料があまり飛び散らないので、吹き付け工法に比べて塗料が無駄になりにくく、養生する範囲や手間も減らすことができます。
ムラの少ない綺麗な仕上がりで、経験が浅くても塗装をしっかりと行うことができます。でこぼこのある部分であっても綺麗に塗装でき、外壁に塗料が密着するので厚く塗料を塗って仕上げたい場合にも対応できます。

ローラー塗りのデメリット

ローラー塗りは塗料の飛散が少なく、塗膜を厚く塗ることが出来るため、外壁塗装の多くはローラーによる手塗りが選ばれます。

しかし、ローラー塗りは仕上がり方が単調になりやすく、職人の技能に左右されやすいという欠点があります。職人の腕前が未熟であったり、安いローラーを使用していたりすると、仕上がりが悪くなってしまうケースも少なくありません。

また、ローラーが入らない細い箇所には塗装が届かないため、雨戸など複雑な形状には不向きです。吹き付けに比べると塗装の時間がかってしまい、仕上がりのデザインも画一的で個性がありません。

クオリティに大きな差はありませんが、仕上がりが職人や道具に左右されることを考慮すると、業者の選別も大切な塗装方法と言えます。

スプレーガンを使った吹き付け工法

スプレーガンに塗料を入れ、直に圧力をかけて粒子状にして吹き付ける「吹き付け工法」です。
薄付の「リシン仕上げ」では和の雰囲気が漂うマットな質感の砂壁風の外壁に仕上がり、厚付の「スタッコ仕上げ」にすると、重みや凹凸のある外壁に仕上がることが可能です。中塗りと上塗りで塗料を変えた複層の「吹付タイル仕上げ」では、最初に行う下塗りの後に外壁の厚みや模様を出すことが可能です。
塗装の際に塗料の約20%多く飛び散ってしまう、塗料は風に飛ばされやすいといった点もあり、天候によっては吹き付けでの塗装ができないこともあります。

吹き付けのメリット

外壁塗装をスピーディに進めることができる点から、価格が押さえられる工法です。個性のあるでこぼこした外壁やマットな質感の外壁などに仕上げられ、工法によって印象も異なります。
様々な風合いのある個性的でおしゃれな外壁にすることができ、塗装も素早く安価に行うことが可能な点は、吹き付け工法の大きなメリットといえるでしょう。

吹き付けのデメリット

吹き付けは仕上がりこそ綺麗で施行期間も短いですが、塗料を勢いよく噴射して塗装するので、外壁以外に塗料が付着してしまう恐れがあります。そのため、汚れを防ぐための養生に時間がかかります。

また、塗料を大量に使用するのでにおいが拡散する可能性もあり、噴射に使うサプレッサーの音が非常大きいため、人によっては騒音と感じるレベルであることも。周囲に住宅があると、においや騒音が原因で近隣トラブルを引き起こす恐れもあるのです。

さらに、吹き付けは高い技術を求められる塗装です。職人によっては塗りムラなどが生じてしまうこともあり、技量の低い職人が行うと、持ち味の「仕上がり」が形無しになってしまいます。

そもそも、吹き付け塗料は飛散が激しく騒音を伴うため、近隣への配慮が必要な外壁塗装ではあまり選ばれません。さらに、モルタル壁からサイディングボートへと主流が移り、吹き付け塗料そのものの必要性が薄れてしまいました。

これらのデメリットから吹き付け塗装が選ばれることは少なく、現場でもあまり好まれていない塗装方法です。 需要低下の影響から、吹き付け塗装の職人自体が減ってきているという問題もあり、そもそも吹き付けができないという業者も増えてきています。

それぞれの住宅に適した工法を選ぼう

外壁塗装には主に刷毛塗り・ローラー塗装・吹き付け塗装といった3種類の工法がありました。それぞれの工法について知っておくことで、自身が保有している家にどんな塗装が適しているのかを確認することができます。業者にも得意な工法をそれぞれ持っていることが多いため、希望の工法が得意な会社を選ぶようにしましょう。

自社施工&国家資格保有者
が複数人在籍する
信頼できる
さいたま市の
外壁塗装業者2選

専門家が多数在籍!
外壁塗装のプロ集団

屋根・外壁サポートセンター
自社施工
国家資格保有者
複数名在籍
保証年数 最大15年

15年の実績!地元で培った技術力

N&N
自社施工
国家資格保有者
複数名在籍
保証年数 最大10年

さいたま市内対応の外壁塗装業者20社を調査し
・完全自社施工
・国家資格保有者の複数人在籍
という品質に信頼を置けるポイントから厳選した2社を
保証年数の長さ
で比較しました。

関連ページ

信頼できる外壁塗装業者ガイド ~さいたま市版~「ウォールペイント」

株式会社ビバハウス
サワディーハウス
有限会社新栄塗装工業/ショールーム
ペイントスタジオ上尾
株式会社Color style
鯉渕塗装工業
株式会社丸一建装
株式会社色彩デザイン
ホンダ
リフォームショップ夢空館/株式会社新陽建設