公開日: |最終更新日時:

外壁塗料の種類

外壁塗装をする際に、実に多くの塗料があるためどれを選ぶのか悩みどころですよね。
外壁塗料を選ぶ際は、耐久性に優れた塗料を選ぶことで、塗り直しや補修を何度もおこなう必要がなくなります。
今回は外壁塗料の種類とメリット・デメリットについてそれぞれご紹介します。

アクリル

メリット

アクリル塗料は、軽量なので重ね塗りがしやすく、光沢があり発色しやすいのがメリットです。
また、安価な塗料ですので、施工費用を抑えたい場合や、こまめに塗り替えたい方におすすめです。
塗膜の透湿性が高いため、湿気がこもりやすいところの塗装に向いています。
DIYに適しているほど扱いやすい塗料でもあり、施工に手間がかからず失敗するリスクが低いという点も特徴です。
そして、メジャーな塗料のため、カラーバリエーションが豊富といった点も特徴です。

デメリット

デメリットとしては、耐用年数が3~8年と短いため、すぐに塗り直しの必要があります。
そのため、塗料自体は安価でも、何度も塗り直していると費用がかさんでしまう可能性があります。
外の湿気や紫外線に弱く、汚れがつきやすい点やひび割れが生じやすいことから、耐用性を求められる場所や長く暮らす家には使用しない方が無難でしょう。

ウレタン

メリット

ウレタン塗料はウレタン樹脂が主成分であり、柔らかい素材なので密着性に優れています。
細かい箇所や曲面にも対応できるため、複雑な形状の外壁にも使用できます。
また、モルタルや鉄・アルミ・コンクリートなどの外壁との相性が良いのが特徴です。
その他にも、弾力がありゴムのように伸縮する製品では木材にも塗装が可能です。
また、剥がれにくく硬度があるため、耐用年数は5~10年と長く、値段もお手頃なので耐久性を兼ね備えながら施工費用を安く済ませたい方におすすめです。
そして、剥がれを補修したい際にも有効的な塗料と言えます。

デメリット

独特の光沢感があるため、仕上がり感を重視する方は避けたほうが無難です。
また、シリコン塗装に比べると防汚性や耐性は低く、紫外線で変色しやすいといったデメリットがあります。
慣れていない業者だと塗装に失敗しやすいといった心配もありますので、ウレタン塗料を扱い慣れている業者に依頼するのがベストです。

シリコン

メリット

耐久性・耐水性・費用のバランスが良く、総合的に住宅保存のコストを大幅カットすることが可能なシリコン塗料。
長期的なコストパフォーマンスが高いことから、塗料選びに困ったらまずはこの塗料、と言っても過言ではありません。
耐用年数は約7~15年と長持ちし、比較的安価なのも特徴の一つです。
更に、透湿性に富んでいるため、結露が発生しにくいことも人気の理由となっています。

デメリット

シリコンは塗膜部分が硬く剥がれにくいですが、ウレタン塗料などに比べると弾性が低いため、ヒビ割れしやすいのがデメリットです。
また、重ね塗りをすると塗料を弾く性質があることから、重ね塗りには不向きです。
アクリル塗料やウレタン塗料に比べて費用が効果な点もデメリットの一つとしてあげられます。
シリコン塗料の特性を理解していない業者だと失敗しやすいことから、シリコン塗料の特性を理解している業者に施工してもらうようにしましょう。

フッ素

メリット

フッ素塗料は耐熱性・耐寒性に優れているので気候の変更に対応することができ、耐用年数も12~20年と非常に長い塗料です。
また、酸性雨や紫外線にも強く、汚れが付着しても雨で流れ落ちるなど、長期間メンテナンスをおこなわずに済みます。
雪が滑り落ちやすいことから、積雪地帯の屋根塗装に定評があります。
美しい光沢感もあるので高級感を出すこともでき、耐摩耗性にも優れていて光沢が長持ちします。

デメリット

フッ素塗料のデメリットとして、塗膜が硬く弾力性がないことから、ヒビ割れしやすい点があげられます。
高性能のため費用が高価になり、金額はウレタン塗料の2倍ほどになります。
そのため一般的な住宅では、施工面積の狭い屋根のみの工事になるケースがほとんどです。
フッ素のつや消しは不可能ですので、光沢感が好みでない方は避けたほうが良いでしょう。
また、防汚性が高すぎて上塗りがしづらいため、補修や塗替えの際は経験のある業者に頼むようにしましょう。

ラジカル

メリット

塗膜の劣化や変色を防いでくれる「高耐候酸化チタン」や「光安定剤」を主成分としたラジカル塗料。
これまでの塗料で起こりがちなチョーキング現象の発生を防ぐために開発された、比較的新しい塗料です。
製品によって、アクリルやシリコン・フッ素などの配合されている合成樹脂の成分は異なりますが、耐用年数は8~16年と言われています。
また、さまざまな下地と相性が良く、リーズナブルで高性能な塗料であることから、近年注目を集めている塗料です。
伸びが良く塗りやすいことから、さまざまな職人が採用しており、施工の際も失敗が少ないと言われています。

デメリット

ラジカル塗料の主成分である高耐候酸化チタンは白色顔料のため、製品により濃い色を選ぶことが難しいのがデメリットです。
シリコン塗料などに比べると費用は高くなりますが、高い耐候性によりコストパフォーマンスはラジカル塗料の方が高いと言えるでしょう。

セラミック

メリット

セラミック塗料は断熱塗料・遮熱塗料と言われ、製品によってそれぞれ性能は異なります、
一般的には、

などの製品があげられます。
合成樹脂の成分にもよりますが、耐用年数は約10~20年です。
紫外線に強く、硬度が高い点や省エネ効果があることから、光熱費の削減を期待できる塗料になります。

デメリット

耐久性や耐候性・低汚染性に優れていますが、他の塗料に比べると費用が高くなります。
施工時に非常に手間がかかる石材調のデザインは、コストが非常に高くなることを念頭に入れなければなりません。
ですが、耐用年数が高いということは塗り替え回数が少なくて済みますので、その点を踏まえて検討してみてください。

光触媒

メリット

白色の顔料である酸化チタンの性質を利用した光触媒塗料。
酸化チタンはファンデーションなどの化粧品にも使われている、身近な物質です。
塗料に含まれる酸化チタンが、太陽からの紫外線により化学反応を起こし、壁面についた汚れを分解します。
また、雨水を利用して汚れを自然に流してくれる効果や、車の排気ガスなどに含まれる窒素酸化物や硫黄酸化物などを酸化させて、空気中から除去するため、防菌や防カビなどの効果や空気清浄効果が期待できます。
耐用年数は10~20年と長く、外壁のお手入れの頻度を減らしたい方におすすめです。

デメリット

現在主流な塗料の中では高価と言われています。
また、紫外線や雨水が当たらないと効果を発揮しにくいことから、隣家との距離が近い建物や日当たりが悪い建物では相性が悪いケースがあります。
主原料が白色塗料であることから、濃い色の外壁が不可能といったデメリットもあります。
そして、耐久性が高く多機能なことから、値段が高くなる傾向があります。
土やサビなどの無機系の汚れは分解できないので、日々のお手入れもある程度は必要になります。
また、屋根用の塗料が存在しないため、注意が必要です。

無機

メリット

鉱物などの無機物を使用した無機塗料。
無機物を使った塗料は外壁が汚れにくく、有機物の劣化によって引き起こされるチョーキングや色あせなどのトラブルを避けることができます。
また、不燃性や防汚性が高いことから人気の塗料の一つです。
有機物が含まれていないことから、カビや苔が発生しにくいといったメリットもあります。
混ぜる有機物の種類により、耐久性は変動しますが、耐用年数はフッ素塗料や光触媒塗料よりも長い10~25年とされています。
なお、セラミックも無機物の一種であることから、セラミック塗料と無機塗料は同じグループと言えます。

デメリット

無機質だけでは固すぎて、ひび割れを発生しやすいのがデメリットです。
また、サイディングやガルバリウム鋼板・木材などに塗装できない無機塗料もあります。
最近では、最低限の量の合成樹脂などの有機物を混合した有機・無機ハイブリッド塗料が主流です。
また、高額な塗料ではありますが、非常に長持ちすることから、費用対効果を考えると決して高価ではないと言えます。
再塗装できないケースやつや消しができないなどのデメリットもあり、また扱いが難しいため経験のある業者に任せる必要があります。

ナノテク

メリット

ナノテク塗料は、アクリルシリコン樹脂が配合された水性塗料の一つです。
従来の合成樹脂を使用した塗料は石油系を原料とし、CO2の排出量が多くなることを懸念されていたことから、ナノテクノロジーを活用し、合成樹脂の保有量を抑えた塗料として開発されました。
CO2削減により地球温暖化を抑制する効果のほか、シックハウス対策にも有効とされています。
防カビ性に優れ、雨水で汚れを落とす効果があることから外壁が長持ちし、耐用年数は10~15年と言われています。
また、燃えにくい点と製品によっては比較的安価であり、速乾性に優れているので作業工程が早く進むのも特徴です。

デメリット

新技術の塗料になるため、対応できる会社が限られており、対応している会社を探すのが少々困難になることが懸念されます。

自社施工&国家資格保有者
が複数人在籍する
信頼できる
さいたま市の
外壁塗装業者2選

専門家が多数在籍!
外壁塗装のプロ集団

屋根・外壁サポートセンター
自社施工
国家資格保有者
複数名在籍
保証年数 最大15年

15年の実績!地元で培った技術力

N&N
自社施工
国家資格保有者
複数名在籍
保証年数 最大10年

さいたま市内対応の外壁塗装業者20社を調査し
・完全自社施工
・国家資格保有者の複数人在籍
という品質に信頼を置けるポイントから厳選した2社を
保証年数の長さ
で比較しました。

関連ページ

信頼できる外壁塗装業者ガイド ~さいたま市版~「ウォールペイント」

株式会社色彩デザイン
株式会社 東陽
株式会社装研
アプローズ
おい川塗装店
大澤塗装工業
富士貴建装
ブライティー21
アセットリノベーション
ニッカン