公開日: |最終更新日時:

外壁塗装工事では補助金は利用できる?

外壁塗装工事を依頼したい場合、補助金を利用できれば負担を軽減することができます。外壁塗装が対象となる助成金や補助金制度の紹介・申請方法について紹介します。

外壁塗装が対象となる助成金・補助金制度はある

ヒートアイランド対策

ヒートアイランド対策のための助成制度は、屋根や外壁に特殊な塗料を使用して遮熱や断熱が行える塗装を行うことを対象とした制度です。
自治体によりますが、約15~20万円の補助金を利用することができます。
国全体でヒートアイランド現象対策を行っているため、工事費用が受けられるようになっています。
ヒートアイランド現象の対策として住宅の屋根や外壁に太陽光を反射して建物に熱がこもりにくくなる遮熱塗料・断熱塗料で塗装することでエアコンをはじめとした空調を使用する割合や熱の排出量を減らすことができ、省エネ効果やコストパフォーマンスを高めることができます。
助成金を使用する前提として遮熱塗料・断熱塗料を使用することが挙げられます。

エコリフォーム

エコリフォームは窓や外壁・天井の断熱化や断熱改修、エコジョーズ・エコキュートをはじめとした高効率給湯機の設置といった省エネ対策に関するリフォームの助成金制度です。
ヒートアイランド対策と同じく断熱に関する助成金ですが、対象が窓や高効率給湯機まで広がっています。実施している市町村は宇都宮市や横浜市・相模原市などの地方都市が多くなっています。
長期間にわたって光熱費の節約ができるので、利用できそうであれば積極的に検討しましょう。

一般リフォーム

地方市町村で地元の産業の発展を目的として一般リフォーム全般の費用を一部を助成する制度です。
一般的なリフォームはすべて対象となる制度なので、幅広く対応できます。実施している市町村は羽生市や塩谷町・泉佐野市といった地域があります。小さな市町村の場合には予算も少なくなってしまうので、受付がすぐに終了してしまう場合があるので注意が必要です。

受けられる費用はどれくらい?

受けられる費用に関しては、ヒートアイランド対策であれば15~20万円が目安の金額の補助金となっており、住宅改修の補助であれば埼玉県羽生市を例に挙げると工事費の5%(最大10万円)が目安となっています。
自治体ごとの助成金や補助金制度が異なり、地域内の施工業者と工事契約することが条件となっていることもあります。地元の信頼できる業者もチェックしておきましょう。

補助金を受けるための申請方法は?

まず市町村窓口で申請書類をもらいましょう。ホームページからダウンロードできる場合もあるので、事前にチェックしておくことが大切です。
その後、業者に見積りをお願いした後に発注を行って、申請書の提出となります。依頼する業者はどこでもいいわけではなく、多くの助成金の対象は地元の業者に依頼することが対象となっているので事前に確認しておきましょう。
書類が完成したら、自治体の窓口に提出し審査となります。自治体によっては郵送でも受け付けてもらえる場合もあるので、よく確認してみましょう。
補助金制度が受けられることが決定したら、いよいよ工事開始となります。基本的に見積書の仕様に合わせる必要があるので注意しましょう。

自社施工&国家資格保有者
が複数人在籍する
信頼できる
さいたま市の
外壁塗装業者2選

専門家が多数在籍!
外壁塗装のプロ集団

屋根・外壁サポートセンター
自社施工
国家資格保有者
複数名在籍
保証年数 最大15年

15年の実績!地元で培った技術力

N&N
自社施工
国家資格保有者
複数名在籍
保証年数 最大10年

さいたま市内対応の外壁塗装業者20社を調査し
・完全自社施工
・国家資格保有者の複数人在籍
という品質に信頼を置けるポイントから厳選した2社を
保証年数の長さ
で比較しました。

関連ページ

信頼できる外壁塗装業者ガイド ~さいたま市版~「ウォールペイント」

屋根・外壁サポートセンター
株式会社ブセナ21
青木工業
無垢スタイル建築設計株式会社
外壁塗装の施工方法にはどんなものがある?
株式会社丸一建装
外壁塗装の期間はどれくらいかかる?
ヤマトリフォーム株式会社
Star Painter
N&N